ベンツトランクインロック解錠依頼

ベンツのトランクインロックの解錠依頼です。

トラブル内容としましては、お店で買い物を終え、荷物を入れるため、車の後部トランクをリモコンキーのトランクボタンで解錠し、荷物を積み終えてトランクを手で閉めたそうなんですが、その時トランク内にリモコンキーを置き残したまま閉めてしまった・・・とのトラブル内容です。

トランクのみ解錠していたため、運転席ドア他は当然施錠されたままですので、どうしようもなくなり当店に依頼をお願いしたという経緯です。

車内にトランクオープンボタンがありますが、仮に運転席ドアキーシリンダーから解錠作業をして、トランクオープンボタンを押したとしても、解錠はされません。

これはなぜか・・・

車両システム自体は、リモコンキーで施錠した時点でセキュリティも一緒にONの状態になります。では、運転席ドアキーシリンダーから解錠した場合どうなるかというと、ドアは開きますがセキュリティはONの状態のままなのです。(リモコンキーで解錠した場合セキュリティはOFFになる)

そのため車上荒らし対策等セキュリティの観点から、トランクオープンボタンを無効にしてトランクを開かなくしてしまっている。との理由になります。

ではどうすればトランクを解錠出来るかとなりますが、トランク専用のキーシリンダーがあるので、そこから解錠するようになりますが、このキーシリンダーの取付けてある場所が、これから作業をする上では大変な場所にあるのです。

パッと後ろからトランク周辺を見ただけでは見つけられないでしょう。

上手に説明はできませんが、リアナンバープレートがある辺りを下から上を覗き込むように見ると鍵穴が見つけられます。本来の使用方法としては、ここに下から上に向かって(実際は少し斜めですが)キーを差し込んで解錠するといった使い方になりますが、当然キーがないため、ここから何としても解錠しなければなりません。

運転席ドアキーシリンダーを横向きに取付けてあるとするならば、トランクキーシリンダーは上向きに取付けてあるとなります。横向きでは簡単な作業も、上向きだと非常に難儀な作業になります。

プロなんで上向きだろうが何だろうが、鍵穴を覗き込んで解錠して見せたいところですが、あいにく雨が降っており、作業環境も最悪な状況でしたので、お客様と相談し、料金は上がってしまいますが、鍵を作成して解錠するという方法に変更させて頂きました。

お客様に店内でお待ち頂き、30分程度で作成した鍵で無事トランク解錠する事が出来ました。

トランクのみ開けて荷物の積込み等作業するときは、キーの置き場所に要注意です。インロックトラブル理由として結構あります。

2019年08月24日