BMWインロック開け依頼

海辺の観光地より、BMW(年式古め)のインロックによる開錠依頼がありました。

詳しい住所を聞き早速伺います。(このあと驚きが3つ続きます...。)

驚きその1→現場に到着し、車を確認しますと...駐車してある場所がなんと岸壁に限りなく近く、1m先は海、船がプカプカ浮いて並んでる感じの場所でした。

この日は天気がよく、作業には支障なしですが、もし雨風が強い日でしたら大変だったかもしれません...。BMWはすぐ開く時もあれば、時間がかかってしまう時もありますので...。

お客様に挨拶を済ませ、状況を伺いますと、どうも船と陸と行き来している間に、車の鍵を紛失してしまったらしいのです。もしかしたら海に落としたかも...と、ただ車内にスペアキーがあり、開けてくれればいいとの事でした。

早速作業に取り掛かります。運転席側ドアシリンダーに工具をはめて、鍵穴を覗きます.........。「んっ??」

驚きその2→なぜかドアシリンダーの中にタンブラーがひとつもありません、あるべき部品がなく空洞状態でした。いたずらとかではなく、見た目はきれいですので、ドアシリンダーバラして抜き取ったのでしょうか?留め金が外れて内筒ごと飛び出たのかな...。

理由は分かりませんが...。

とゆうことは...!?ドアシリンダーをそのまま回してみますと左右どちらにも回ってしまいます。しかしなんの抵抗もない空回りな感じで、案の定、ドアハンドルを引いてもドアは開きません。

お客様に話を伺いますと、もともとこんな状態だったみたいで、リモコンキーでは開け閉めできるからそのままでいたらしいのです。とゆうことで、運転席側からの開錠は諦めます。(助手席側にもドアシリンダーがないので出来ません。)残るはトランクキーシリンダーからなのですが...トランク開けたとしても、リアシートがあるために車内にアクセスできないよなーと思っていたら、 (※この時は知りませんでしたが、後に調べたところ、この車種はトランク内にあるレバーを引くとリアシートの背もたれが倒れる仕様でした。)

驚きその3→リアシート片側倒してあるではありませんか!!(全然気付いてませんでした...不幸中の幸い...。)

これで後は、トランクさえ開けば鍵が取り出せるようになります。(トランクから潜って車内に行く必要はありますが...。)

BMWトランク開錠は作業経験あったような無いような...。不安を抱えつつ、トランクの鍵穴を確認します。(こっちは壊れてないよな~と祈りつつ)...見た目は壊れてないようですが、見事に鍵穴の向きが横向き(ー)です。(参考となる画像がなくてすみません。)

「ん~~いいね~...。」(何が?) 簡単に説明させて頂きますと、この車種、通常は鍵穴の向きが縦向き(|)なのですが、鍵を差して回して横向き状態(ー)にし、鍵を抜きますと、トランクオープナー操作無効となり、車内のトランクオープナーを操作してもトランクが開かない状態になります。もちろん車内からもリアシートを壊しでもしない限り、トランクにはアクセスできないわけです。セキュリティーの一種で、車上荒らし対策ですね。鍵を挿して鍵穴の向きを縦向きに戻して、さらに解錠方向に鍵をまわして開けるしかなくなります。これから開錠作業するうえでは少し手間がかかります...。という意味でいいね~です。

では早速作業に取り掛かります。鍵穴を覗きますと今度はちゃんと部品があります。鍵穴の向きが横向きなんで、首と腕が疲れるんですが...。(体全体も横向きにしないと作業が進まないのです...。)

腕を下ろしてひと呼吸入れながら作業を進めますと、なんとか開錠成功。そして無事解決です。

「よかったですね~」なんて会話をしながら、後は帰宅の途につきます...。BMW次はいつ当たるのだろう...。

いろいろあった案件でした。

2018年05月07日